☆このページは「鶴梅 ゆず酒」や「鶴梅 完熟にごり梅酒」など、和歌山県の平和酒造の商品の通販ページです。
manekiご発注方法について
tsuruume-image

クラフトビール「平和クラフト」の紹介ページ 日本酒ブランド「紀土−KID−」の紹介ページ
craft kid

kura  大阪−和歌山間を結ぶ阪和自動車道の海南東ICを降り、内陸部へ向かって車を走らせること約20分のところに「鶴梅 ゆず」や「鶴梅 完熟にごり梅酒」などの製造元である平和酒造さんがあります。
弊店がこのメーカーさんと取引を始めたのは2005年の春のことです。

 当時、焼酎ブームと並行して需要が増加しつつあった梅酒でしたが、その時点では市場に出回っていた商品で私を満足させてくれるものは皆無に等しいほどでした。
私も含めて関西で生まれ育った者にとって、梅の最高品種といえば『南高梅』。
その『南高梅』を原料にした素晴らしい梅酒を造っているメーカーはないものか、と私は密かに探しておりました。

 そんなある日、地元のとあるお寿司屋さんで飲んだ「
紀州乃七年」(メーカー終売)のレベルの高さに感動!
翌日すぐに製造元の平和酒造さんへ電話を入れて同商品を数ケース発注したころ、早速その次の日に同社社長の息子さんであり、当時は課長であった山本典正氏(現専務)がフットワークも軽く、サンプル数点を合わせ持って弊店まで直接商品を届けてくれました。

 それから一ヶ月後の2005年5月にはデビュー作ともいうべき「八岐の梅酒」を発売、さらに半年後の11月には「鶴梅 ゆず」「鶴梅 完熟梅」「鶴梅 すっぱい」、そして2006年「鶴梅 れもん」「鶴梅 夏みかん」、2007年「鶴梅 いちご」などの『鶴梅シリーズ』を続々と世に出し、梅酒だけではなく果実リキュールのカテゴリーにおいても一躍人気メーカーとなったことは周知の事実です。

 あくまで『紀州ブランド』にこだわり、造りに手間をかけることを惜しまず、さらに各製品の原料を生産して下さる農家と密接な関係を築き上げようと取り組む山本氏の姿勢に感銘した私は、これからもできる限り多くの方に、同社の製品はもちろんのこと、そのコンセプトをも正確に伝えていきたいと思っています。
yuzu

tsuruume-image2
tsuruume-kamon ■名前の由来
「鶴梅」は一般的に家紋として使用されております。
梅の家紋で有名なのは加賀百万石の前田家の“梅鉢の紋”でしょう。
これは前田氏が天満宮の祭神である菅原道真公の子孫を称していたからで、梅花好きの道真公にあやかってこの紋を使用したとされております。
また、前田家より遥かに前の時代からも藤原氏・源氏・橘氏・平氏などの天神信仰者によって梅の家紋は広く栄え、“鶴梅の紋”もその流れを汲んだものです。
この「鶴梅シリーズ」商品のラベルにそのような由緒ある“鶴梅の紋”を配したのは、同シリーズの商品が一切の添加物を拒否し、自然の甘み・酸味・旨みを引き出した証しとし、また本格梅酒やリキュールへの認知度のアップを願う、いわば“希望の象徴”とする為でもあります。
tsuruume-kamon ■製品への思い
かつての大量生産&大量消費というライフスタイルが崩れ、本来あるべき姿である「スローフード」「スローライフ」の概念が見直され、世界各国でもLOHAS〜ロハス〜
(※)と呼ばれる概念が少しずつ広がっております。
このシリーズの生産メーカー「平和酒造」は、このLOHASの概念に基づく酒造りを目指している蔵元さんです。
「鶴梅シリーズ」の各製品の原料は、地元の農家の方が前述の概念を充分に理解され、それにご賛同頂いた上でご提供下されたものです。
平和酒造ではLOHASの概念の具現化を目指し、それらの原料を用いて非常に手間ひまのかかる方法で上質の梅酒やリキュールを生産し、世に広めようと日々研鑽を続けております。
(※)LOHASとは?
『Lifestyles of Health and Sustainability』の頭文字をとった略語で、「健康と地球環境」意識の高いライフスタイルを意味します。
地球環境に負荷を掛けないという理念のもとで、健康や環境を重視した新しい価値観とライフスタイルを持つ人たちのことを“LOHAS PEOPLE”と呼んでいます。
※画像は『鶴梅の梅酒』公式サイトより借用

表示価格は【税別】となっております。 別途、消費税をご負担頂きます。
桃と完熟梅のシンフォニー♪
nigoribranc

contest contest
表彰式後の記念撮影。
向かって右端が山本典正専務
crown 一般投票部門 第一位 crown 最終審査 第二位
鶴梅 完熟にごり梅酒 かんじゅくにごりうめしゅ
『鶴梅』シリーズに待望の"にごり梅酒"が登場しました。
しかも、、、この梅酒はすでに市販されている"にごり梅酒"とは違って、梅の果肉に加えて桃のペーストまで入っています。

平和酒造では青梅ではなく完熟梅を使用しているので『鶴梅』『八岐の梅酒』にはほのかな桃の香りが含まれていますが、今回はさらに桃ペーストを加えたことでより一層"桃香"漂う、まさに『完熟梅と桃のシンフォニー』ともいえる梅酒が誕生しました。
アルコール度数を低めに調整(10%)してありますので、ロックで充分にお楽しみ頂けます。
◆美味しい飲み方:オン・ザ・ロック
◆アルコール:10%
◆原料:紀州産南高梅(完熟実)・梅ペースト・桃ペースト・醸造アルコール・糖類

1800ml ¥2,800(税別)
 720ml ¥1,400(税別)
            
crown  全国梅酒品評会2015 金賞受賞
medal

平和酒造の最高峰
old
old-label    〜furu-tsuruume〜
古鶴梅 10 years old  ふるつるうめ
  matured in wooden barrels
平和酒造が長年タンクで熟成させた梅酒を、シェリー樽、バーボン樽、ブランデー樽などの5種類の樫樽に移してさらに熟成を重ねたのがこの「古鶴梅」です。
そして、樽貯蔵期間を含む10年間の歳月を経た5つの素晴らしい原酒を絶妙のバランスでブレンドし、その原酒のまま瓶詰しました。
複雑かつ様々な香りが広がる余韻の長いクオリティーの高い味わいをお愉しみ頂ける逸品です。

『現時点で考えられる最高の梅酒を造る』という情熱を注いで完成したこの「古鶴梅」、梅酒のありとあらゆるエッセンスを集約させた国際レベルの最高傑作と言っても過言ではないでしょう。
◆美味しい飲み方:オン・ザ・ロック、水割り、お湯割り
◆アルコール:19%
◆原料:紀州産南高梅(完熟実)、ホワイトリカー、果糖液糖

720ml ¥2,500(税別)

濃密でジューシーな梅酒
kanjuku

kanjuku
kanjuku-label鶴梅完熟梅 つるうめ かんじゅくうめ
『鶴梅完熟梅』は、その名の通り完熟梅の持つ甘酸っぱさを引き出すために、通常よりも大粒の完熟梅をたっぷりと使いました。
飲んでみると、「ああ、なるほど完熟…」というのがわかるほど濃密でジューシーな味わい。
これだけ味が濃いと飲み続けると疲れてくるんですが、アルコール度数を抑えたおかげでまったく飲み飽きしない梅酒に仕上がっております。
◆美味しい飲み方:オン・ザ・ロック
◆アルコール:10%
◆原料:紀州産南高梅(完熟実)、日本酒、ホワイトリカー、果糖液糖

1800ml ¥2,000(税別)
 720ml ¥1,000(税別)
            

この味を待っていた♪
suppai

suppai
suppai-label鶴梅すっぱい つるうめ すっぱい
 
『鶴梅すっぱい』には、今年の収穫の中でも一番品質の優れた最高級の紀州南高梅の完熟実を通常の約3倍も使われています。
そもそも日本酒ベースの梅酒というのはとかく日本酒の味や香りが強くなりがちですが、原料の完熟梅のパワーがそれを抑えている為に大変香味のバランスが良い梅酒に仕上りました。
「すっぱい」のネーミングの通り、酸度は普通の梅酒の2倍強もあり、後口は何とも言えないキュートな酸味が口の中一杯に広がります。
なお、弊店のワインアドバイザー(=女房殿)はこの「鶴梅すっぱい」の味を絶賛しており、初めて飲んだ際の感想は
「この味を待っていた♪」
◆美味しい飲み方:オン・ザ・ロック
◆アルコール:11%
◆原料:紀州産南高梅(完熟実)、日本酒、果糖液糖

1800ml ¥2,400(税別)
 720ml ¥1,200(税別)
            

表示価格は【税別】となっております。 別途、消費税をご負担頂きます。
天然柚子果汁50%使用
yuzu

yuzu
event banzai
crown 第6回 天満天神梅酒大会 グランプリ≪天下御免≫受賞
yuzu-label鶴梅ゆず つるうめ ゆず
『鶴梅ゆず』はその年に収穫したばかりの柚子の天然果汁が50%も含まれている柚子酒です。
しかしながら柚子特有の強烈な酸味はさほど感じられず、口当たりはとても滑らかです。
なぜならそれは、2年熟成の日本酒(純米酒)とのブレンドにより柚子の酸味が抑えられている為で、口当たりそのままに非常にスムーズに最後までお召し上がり頂けます。
柚子にはクエン酸・酒石酸・リンゴ酸の有機酸類が多く含まれ、疲労回復や肩こり・筋肉痛を予防する働きがあります。
また、クエン酸などの有機酸類は胃液の分泌を促進し、胸やけや胃痛を解消する働きがあり、さらには肝臓の働きまで円滑にします。
柚子は柑橘類ではトップのビタミンCの含有量を誇り、他との比較ではリンゴの40倍、ハチミツの1.5倍、レモンやミカンの3〜4倍と言われています。
この『鶴梅ゆず』は7%というアルコール度数を感じさせず、天然柚子の風味を殺さないよう手詰めされたおかげで柚子酒特有の心地よい酸味と香りがお愉しみ頂けるはずです。
◆美味しい飲み方:オン・ザ・ロック、水割り、お湯割り
◆アルコール:7%
◆原料:柚子(和歌山産)、日本酒、果糖液糖

1800ml ¥2,900(税別)
 720ml ¥1,450(税別)
            
☆実店舗でも販売中です。
※お買い上げ後は涼しい場所にて保管して下さい。

ギフトにも最適です。
set3


set6

(↑)720ml×6本入り箱
ギフトに最適です♪
   【鶴梅】柑橘3兄弟セット
好評発売中!!
【セットの内訳】

  両サイズとも…
     ・鶴梅 ゆず ×1本
     ・鶴梅 れもん ×1本
     ・鶴梅 夏みかん ×1本


  ※6本入りは3種類が各2本ずつのセットです。

720ml
 3本セット(専用箱入り) ¥ 4,600(税別)セット
 6本セット(専用箱入り) ¥ 9,000(税別)セット
                    
【ご注意・・・セット価格には箱代が含まれています】
セット以外の商品も合わせてご発注頂いた場合、特に必要が無ければ専用箱は使用せずにバラして梱包致しますので、ご発注の際は必ず備考欄に『箱は不要』とご記入下さい。

1.8L
 3本セット(専用箱入り)   ¥ 9,000(税別)セット
 6本セット(リサイクル箱) ¥17,400(税別)セット
                    
【ご注意・・・(↑)3本セットには箱代が含まれています】
セット以外の商品も合わせてご発注頂いた場合、特に必要が無ければ専用箱は使用せずにバラして梱包致しますので、ご発注の際は必ず備考欄に『箱は不要』とご記入下さい。
「鶴梅」の梅酒(「完熟にごり」「すっぱい」「完熟梅」)や「八岐の梅酒」(「南高梅」「古城梅」)とも自由に組み合わせが可能ですのでメールにてご相談下さい。

国産・減農薬栽培檸檬果汁60%使用
lemon

lemon
lemon-label鶴梅れもん つるうめ れもん
外国産レモンの輸入量の増加で価格が暴落している国産檸檬ですが、外国産に比べて農薬の使用量が少ないので安全性が高く、この『鶴梅れもん』に使用している檸檬は一般的な国産檸檬より更に減農薬で作られたものです。
『鶴梅れもん』の製法は『鶴梅ゆず』と同じく2年熟成の日本酒(純米酒)と天然檸檬果汁とをブレンドしたものです。
味わいは、柑橘系リキュールにありがちなクエン酸の苦味を日本酒によって見事に包み込んだ感じで、日本酒と檸檬果汁のそれぞれの特徴がバランス良く溶け込んでいます。
◆美味しい飲み方:オン・ザ・ロック、水割り
◆アルコール:7%
◆原料:檸檬(和歌山産)、日本酒、果糖液糖

1800ml ¥2,900(税別)
 720ml ¥1,450(税別)
            
※お買い上げ後は涼しい場所にて保管して下さい。

天然夏みかん果汁使用
mikan mikan-label鶴梅夏みかん つるうめ なつみかん
この『鶴梅夏みかん』は、文字通り"夏"を意識して造られた本格リキュールです。
夏蜜柑特有の苦味に檸檬の酸味が加わり、それらを日本酒が包み込んだようなまろやかな味をお愉しみ頂けます。
また季節柄、オン・ザ・ロックやソーダ割りでも美味しくお召し上がり頂けるよう、全体的に濃厚なタイプに仕上がっています。
◆美味しい飲み方:オン・ザ・ロック、水割り
◆アルコール:7%
◆原料:夏みかん・甘夏・檸檬(すべて和歌山産)、日本酒、果糖液糖

1800ml ¥2,900(税別)
 720ml ¥1,450(税別)
            
※お買い上げ後は涼しい場所にて保管して下さい。

貴志川町産いちご使用
ichigo ichigo-label鶴梅いちご梅酒 つるうめ いちご
和歌山県紀ノ川市貴志川町。
“蛍が飛び交う町”としても有名なこの町は、今から約50年前に和歌山県で最初にイチゴの栽培に取り組みました。
そして今では、代表品種の「とよのか」は毎年春になると県内はもちろん、近隣の府県からも観光客が押し寄せるほどの有名ブランドとなりました。
その貴志川町産を含めた紀ノ川沿いの各地で収穫されたイチゴを、梅酒と同じ手法で日本酒とホワイトリカーで漬け、さらに梅酒とイチゴ果汁を加えてできあがったのがこの『鶴梅いちご梅酒』です。

弊店ワインアドバイザー曰く、『ストレートでもクイクイ飲めてイイ感じ♪“いちご酒”としてではなく“梅酒”と考えてお召し上がり下さい。また、冷たい牛乳と1:1で割ると最高に美味しいです!
◆美味しい飲み方:オン・ザ・ロック、水割り、ミルク割り
◆アルコール:10%
◆原料:いちご(和歌山産)、梅(和歌山産)、ホワイトリカー、果糖液糖、いちご果汁

1800ml ¥2,600(税別)
 720ml ¥1,300(税別)
            

■梅の品種について
★『南高梅』(なんこうばい、なんこううめ)

 『南高梅』(なんこうばい)が登場したのは昭和20年代です。
南部川村(みなべがわむら)の庄屋である高田貞楠氏が所有する畑において鮮やかな紅色をした実がなっている木が発見され、その木を優良母樹として選定して近隣の農家に栽培を推奨したのが始まりで、今や全国的に知られた梅の最優良品種となっています。

 『南高梅』の特徴としては、まず他の品種に比べて大粒であること。
そして果皮が薄くて種が小さい、つまり果肉の量が多く、しかもその果肉が非常に柔らかい為、完熟させた南高梅は梅干に漬けこんだ場合には何とも言えないとろけるような食感を味わうことができます。
さらに、太陽の光が当たる部分の実は鮮やかな紅色となり、見た目にも非常に美しいのも人気がある理由の一つです。
ume
写真:完熟した南高梅

★『古城梅』(ごじろうめ)

 和歌山県では紀州藩の昔より梅の栽培が奨励されていた歴史があり、明治・大正年間ではそれがさらに盛んになりました。
それにつれ、より優良な品種を探そうという取り組みが活発になり、多くの品種の中で最も優良な品種として選定されたのが『古城梅(ごじろうめ)』です。

 『樹性剛健、耐病性が強く、果実は極めて美麗』と賞賛された『古城梅』。
中でも特に大きくツヤのある実は「青いダイヤ」と称され、梅酒作りに最適とされました。
そうして一世を風靡した『古城梅』は、昭和50年代から平成初期にかけて生産量が伸びました。
年号が平成に替わるまでは、『梅酒といえば古城梅』といわれるくらいだったのです。
しかしのちに、結実性が良く、梅干にも使え、多収が見込める『南高梅』の生産量が多くなり、『古城梅』は次第に姿を消していきました。

 そんな中、『古城梅』の発祥の地である和歌山県田辺市長野では「長野古城梅振興会」が中心となって『古城梅』再興の活動が始まりました。
それは『古城梅』の最初に発見された原木から苗木を育て、広めていこうという試みです。
その取り組みに感銘を受けた平和酒造の山本部長(現・専務)は「ぜひ自社の梅酒をこの『古城梅』で…」の思いを実現させました。
monument
「古城梅」の由来が刻まれた碑
gojiro
「長野古城梅振興会」の皆さん

表示価格は【税別】となっております。 別途、消費税をご負担頂きます。
桃の香りの梅酒
yamata  やまたのうめしゅ なんこううめ
八岐の梅酒≪南高梅≫
『八岐の梅酒≪南高梅≫』の原料には梅の最優良品種といわれている紀州産『南高梅』の、青梅ではなく完熟梅を、しかも朝一番に摘んだばかりの新鮮な梅の実だけを100%使用しています。
白桃を想わせる芳しい香りと上品な甘さの、そしてふくよかなコクと抜群のキレ…。
言葉では言い尽くせないほどのハイレベルな完成度で、この価格帯では秀逸です。
◆美味しい飲み方:オン・ザ・ロック
◆アルコール:14%
◆原料:紀州産南高梅(完熟実)、ホワイトリカー、果糖液糖

1800ml ¥2,200(税別)
 720ml ¥1,200(税別)
            

伝説の「古城梅」使用
yamata-b  やまたのうめしゅ ごじろうめ
八岐の梅酒≪古城梅≫
『八岐の梅酒≪古城梅≫』は『古城梅』の特徴である草原のような青々しさとスパイスの効いた酸味、そしてほんのりと残るビターな余韻が心地よく、食を進ませる梅酒です。

『八岐の梅酒≪南高梅≫』とは製法、原料の梅・砂糖の使用量、そしてVINTAGEもすべて同じです。
そんな2種類の梅酒が原料梅の品種で味がどのように違うかを楽しんで頂けると思います。
◆美味しい飲み方:オン・ザ・ロック
◆アルコール:14%
◆原料:紀州産古城梅(青梅)、ホワイトリカー、果糖液糖

1800ml ¥2,200(税別)
 720ml ¥1,200(税別)
            


baby
べびぃ鶴梅 〜ノンアルコール〜
『鶴梅シリーズ』に新しい仲間が加わりました。
その名も「べびぃ鶴梅」。
そうなんです!
これはお子様やお酒を飲めない方にも和歌山県産の梅の美味しさを味わって頂く為に開発された、ノンアルコールの梅のシロップなんです。

漬け込んだ梅の実が発酵しないように、蔵人達が毎日のように低温下の蔵の中で攪拌作業を繰り返し、じっくりと梅の味を引き出したこの「べびぃ鶴梅」は、いわば「鶴梅」の原点とも言える飲み物です。

和歌山県の太陽をいっぱいに浴びた完熟南高梅ノエキス、甘み、酸味を存分にお楽しみ下さい。
◆美味しい飲み方:そのまま冷やして、又はソーダで軽く割ってお召し上がり下さい
◆アルコール:0%
◆原料:紀州産南高梅(完熟実)、果糖、ブドウ糖液糖
720ml ¥ 900(税別)

 ▼お支払い方法  ▼発送専用箱について 
■代金引換
商品は在庫があればすぐに発送致します。
お買い上げ金額(送料・箱代別)に応じて代引手数料の全額、或いは一部をご負担頂きます。

※代引手数料はコチラをご参照下さい。

■銀行振込
商品はご入金確認後、発送致します。
お買い上げ金額に関係なく、振込手数料はお客様負担となります。

■郵便(ゆうちょ銀行)振込
商品はご入金確認後、発送致します。

代金10,000円(税別)以上で振込手数料は弊社負担。
(手数料の上限:130円)

※ATMからの口座間送金の場合は振込手数料無料。
破損防止、及び円滑な発送の実現の為、サイズに関係なくご発注本数が1本〜3本の場合はそれぞれ宅配専用箱に収めての発送となります。
なお、その場合の箱代はお客様にご負担頂きますので何卒ご諒承下さいますようお願い申し上げます。


1本 2本 3本
1.8L 150円 250円 350円
720ml 300円

※4本〜6本のご注文の際にはリサイクル箱を使用しますので箱代は不要です。
※1梱包の上限は、1.8L=6本、720ml=12本です。
 ▼送料 ⇒ 詳細はコチラ  ▼店舗の案内
誠に申し訳ありませんが、送料は原則としてお客様にてご負担願います。

※送料無料となるご発注内容はコチラをご覧下さい。
■酒の神田屋

  〒573-0091
  大阪府枚方市菊丘町5−1
  (⇒ 地図はコチラ
  TEL/FAX:072−865−4158
  http://kandaya.biz
  mail:info@kandaya.biz

  定休日:毎週木曜日
  営業時間:10:00〜20:00