ご注文方法について

なきりゅう
■『鳴龍』(なきりゅう)とは?

 信州・上田市にある妙見寺は、正式名称を真言宗武石山妙見寺といい、初めは後鳥羽天皇の文治年間に武石の豪族の岳石三平胤盛が鳥屋に建てました。
その後、移転や改築が行われ、応仁年間(1467〜68)の本堂大改修の際に住僧・弘算が本堂並びに妙見堂を再建し、この時に狩野派の画家・秀山信尹を招いて上下2頭の龍が描かれ、本堂外(げ)陣の大天井に十畳の間一杯に組み込まれました。
この龍の絵がいわゆる「鳴龍」です。(→)

 「鳴龍」の名の由来は、龍の頭の真下で手を打つと、天井裏に共鳴して「キルルルルー」といった見事な音声を発するところから、それを龍の鳴き声と捉えてこの名が付けられました。

妙見寺の『鳴龍』(通称:南鳴龍)
 この妙見寺の「鳴龍」は「日本四方鳴龍」の一つで「南鳴龍」と呼ばれており、他に北は青森の竜泉寺(焼失)・東は日光東照宮の本地堂(ほんじどう=重要文化財)・西は京都の相国寺の「鳴龍」が知られています。
■千曲錦酒造のリキュール部門の新ブランド『鳴龍』

 純米酒&そば焼酎「帰山(きざん)」でおなじみ長野県佐久市の千曲錦酒造が、リキュール部門のブランドとして新たに立ち上げたのがこの「鳴龍」です。

 佐久市は「鯉の郷」としても知られておりますが、古来より鯉は滝を昇ると龍に変身すると言われています。
また、龍の涙を飲むと病気が治り長生きできるとの逸話もあり、それにあやかってこの名を銘柄としたわけです。
☆そば焼酎「帰山」の紹介ページ ⇒ http://kandaya.biz/kizan.htm

表示価格は【税別】となっております。 別途、消費税をご負担頂きます。


☆『酒の神田屋』店主一押しの梅酒
【鳴龍】梅酒
信州産「緑宝梅」という梅を自社製の米焼酎と、氷砂糖に代わってリンゴ蜂蜜で漬け込んだピュアな梅酒です。
ほのかな梅の苦味と蜂蜜の甘味とが旨く調和された、ややドライなタイプですから、オン・ザ・ロックなどで軽快にお召し上がり頂きたいものです。
■美味しい飲み方:オン・ザ・ロック、ソーダ割り
アルコール:14%
エキス分:15%
原 料:信州産「緑宝梅」(青梅)、米焼酎、糖類、りんご蜂蜜

1800ml ¥2,300 (税別)
 720ml ¥1,143 (税別)
              


 ▼お支払い方法  ▼発送専用箱について 
■代金引換
商品は在庫があればすぐに発送致します。
お買い上げ金額(送料・箱代別)に応じて代引手数料の全額、或いは一部をご負担頂きます。

※代引手数料はコチラをご参照下さい。

■銀行振込
商品はご入金確認後、発送致します。
お買い上げ金額に関係なく、振込手数料はお客様負担となります。

■郵便(ゆうちょ銀行)振込
商品はご入金確認後、発送致します。

代金10,000円(税別)以上で振込手数料は弊社負担。
(手数料の上限:130円)

※ATMからの口座間送金の場合は振込手数料無料。
破損防止、及び円滑な発送の実現の為、サイズに関係なくご発注本数が1本〜3本の場合はそれぞれ宅配専用箱に収めての発送となります。
なお、その場合の箱代はお客様にご負担頂きますので何卒ご諒承下さいますようお願い申し上げます。


1本 2本 3本
1.8L 150円 250円 350円
720ml 300円

※4本〜6本のご注文の際にはリサイクル箱を使用しますので箱代は不要です。
※1梱包の上限は、1.8L=6本、720ml=12本です。
 ▼送料 ⇒ 詳細はコチラ  ▼店舗の案内
誠に申し訳ありませんが、送料は原則としてお客様にてご負担願います。

※送料無料となるご発注内容はコチラをご覧下さい。
■酒の神田屋

  〒573-0091
  大阪府枚方市菊丘町5−1
  (⇒ 地図はコチラ
  TEL/FAX:072−865−4158
  http://kandaya.biz
  mail:info@kandaya.biz

  定休日:毎週木曜日
  営業時間:10:00〜20:00