manekiご注文方法について
aka-kiri
◆幻の紫芋

昭和の終わり、鹿児島県の山川町で新たな芋の品種「山川紫」が偶然発見されました。
この「山川紫」の特徴は、中心部まで濃い紫色の色素が入り込んでいる点です。
九州沖縄農業研究センターや芋類研究の権威である山川理農学博士でさえもこの様な性質を持つ芋は見たことがありませんでした。
早速この品種を、世界中の芋の遺伝子を蓄えるペルーのCIP芋類研究所に照会しましたが、同一の芋は発見されませんでした。
この芋について詳しく調べてみると、漁師が大海原の彼方から持ち込んだと言われていますが、どこから来たのか今だに謎のままです。
この不思議な「山川紫」から数々の新品種が開発されました。
その中で最も醸造特性が高かった芋が、この「赤霧島」の原料となった「ムラサキマサリ(紫優)」なのです。
霧島酒造が新たな味わいを求め続け、ついに手にすることが出来た芋は、まさに幻の紫芋といえる品種でした。


◆唯一無二の味酒(うまさけ)

霧島酒造では、黄金千貫を原料に一定した高い品質の焼酎造りを行っています。
その一方、芋の品種による新たな味わいを常に模索し、研究開発を続けてきました。
新品種の芋が誕生する度、新たな味わいに想いを馳せ、醸造試験を幾度も繰り返して、様々な特徴のある焼酎を造ってきましたが、弊社の商品として理想とする酒質はなかなか得ることが出来ませんでした。
そして、理想への飽くなき挑戦が、平成14年に品種登録されたムラサキマサリの登場で、ついに報いられる時がきました。
その味わいは、風雅な甘みと、気高い香りを持ち唯一無二の味酒でした。


◆自然が育む天然色素

ムラサキマサリの紫色はポリフェノールの一種。
この紫色素は、麹の酸により燃えるような赤色に変化します。
この自然の営みが「赤霧島」のモロミで起こります。
麹が造るクエン酸とムラサキマサリの出会いが作るモロミの赤、それこそが「赤霧島」のシンボルの赤なのです。


◆新品種「ムラサキマサリ」へのこだわり

先代の「本当においしい焼酎は芋である」という言葉を受け継ぎ、研究開発では芋焼酎の新たな味わいを追い求めています。
研究開発グループでは、黄金千貫に代わる新品種の芋を使用した次世代の焼酎の開発をするために、新たに開発された品種の芋を使用して試験醸造を行い、その中で有色甘藷がもつ独特の香りに着目しました。
品種による特性として、ムラサキマサリの澱粉価は黄金千貫より高く、比較的貯蔵性もあり、形状も良いため醸造特性にも優れていました。
このムラサキマサリを原料とした赤霧島は、発売当初から人気が高く、現在でも生産数量に合わせて限定出荷されているため希少価値の高い商品となっています。
― 霧島酒造の公式ホームページより抜粋

表示価格は【税別】となっております。 別途、消費税をご負担頂きます。



aka-kiri 赤霧島
宮崎県 霧島酒造
平成14年に品種登録された紫芋「ムラサキマサリ」(漢字表記:紫優)が原料。
ムラサキマサリに豊富に含まれるポリフェノールと焼酎麹が生成するクエン酸に反応して、モロミが真っ赤になることから「赤霧島」と命名されました。
後を引くような甘みと気品高い香りが特徴の全く新しいタイプの芋焼酎です。
長年に渡る伝統と卓越した技術からこの美味しさはつくられているのです。
−ロック(クラッシュド・アイス)で−
▼芋    25度
◆受注本数の制限はありません。
1800ml ¥2,230(税別) 発売中
 900ml ¥1,175(税別) 発売中
               

 ▼お支払い方法  ▼発送専用箱について 
■代金引換
商品は在庫があればすぐに発送致します。
お買い上げ金額(送料・箱代別)に応じて代引手数料の全額、或いは一部をご負担頂きます。

※代引手数料はコチラをご参照下さい。

■銀行振込
商品はご入金確認後、発送致します。
お買い上げ金額に関係なく、振込手数料はお客様負担となります。

■郵便(ゆうちょ銀行)振込
商品はご入金確認後、発送致します。

代金10,000円(税別)以上で振込手数料は弊社負担。
(手数料の上限:130円)

※ATMからの口座間送金の場合は振込手数料無料。
破損防止、及び円滑な発送の実現の為、サイズに関係なくご発注本数が1本〜3本の場合はそれぞれ宅配専用箱に収めての発送となります。
なお、その場合の箱代はお客様にご負担頂きますので何卒ご諒承下さいますようお願い申し上げます。


1本 2本 3本
1.8L 150円 250円 350円
720ml 300円

※4本〜6本のご注文の際にはリサイクル箱を使用しますので箱代は不要です。
※1梱包の上限は、1.8L=6本、720ml=12本です。
 ▼送料 ⇒ 詳細はコチラ  ▼店舗の案内
誠に申し訳ありませんが、送料は原則としてお客様にてご負担願います。

※送料無料となるご発注内容はコチラをご覧下さい。
■酒の神田屋

  〒573-0091
  大阪府枚方市菊丘町5−1
  (⇒ 地図はコチラ
  TEL/FAX:072−865−4158
  http://kandaya.biz
  mail:info@kandaya.biz

  定休日:毎週木曜日
  営業時間:10:00〜20:00

branc