このページは「車坂」のリキュール、「じゃばら酒」と「こいうめ酒」との紹介ページです。
ご注文方法について
◆「じゃばら酒」の産地、北山村

 北山村」は和歌山県でありながら県内のどの市町村とも隣接しない特殊な位置にあり、全国でも唯一の飛び地の村として知られています。
この村には世界で唯一つの「じゃばら」という柑橘類があります。
『じゃばら』とは、「邪を払う」からこの名がつけられており、縁起物として村では昔から正月料理にかかせないものでした。
 柚子よりも果汁が豊富で、すだちやカボスとは違い糖度と酸度が絶妙に調和した味わいです。


◆「じゃばら」のお酒

 この『じゃばら』という無二の素材を活かし酸味、甘み、苦みが一体となった「通好みの大人のリキュール」を完成させました。
たっぷりの果汁にアクセントとして、有効成分が多く含まれる皮も使っています。

 最近では柑橘系のお酒もめずらしくありませんが、なんと言っても「じゃばら」は純国産、純北山村産です。
残留農薬も厳重に検査され一切検出されておりません。
レモンや柚子などのお酒と全く違うじゃばら酒独特の風味は、農薬の心配がない果皮を存分に使うことで初めて自信を持って引き出せる味わいです。
この風味のため、「じゃばら酒」は少し苦手というお客様もありますが、この独特の風味だからこそ杯を重ねる度にクセになり、多くのじゃばら酒ファンが生まれたものと思います。

― 以上、蔵元HPより抜粋
じゃばら酒
地元でも入手困難といわれている「じゃばら」を原料にしたリキュールがこの「じゃばら酒」です。 日本酒「車坂」で知られる吉村秀雄商店(株)が北山村の協力を得て世に出したこの「じゃばら村」は、柚子とグレープフルーツをミックスしたような独特の爽やかな香りがします!!
日本酒(純米酒)とブレンドすることにより非常にマイルドで飲み易く仕上がっています。
発売開始以来、瞬く間に人気の柑橘系リキュールとなりました。

☆「じゃばら酒」の詳細は蔵元HPをご覧下さい。
☆原材料 清酒(純米酒)、じゃばら果汁、糖類
☆アルコール度 10度
☆美味しい飲み方

ストレート、ロック、ソーダ割り、ビール割り、お湯割り、
パイナップルジュース割り、ミルク割り
1800ml ¥3,200 (税別
 720ml ¥1,695 (税別)
             


表示価格は【税別】となっております。 別途、消費税をご負担頂きます。


紀州・和歌山県には、青梅とは一味違ったフルーティな香る梅酒が造られてきました。
それは、昔から紀州の梅農家が摘果直後の完熟梅だけを使って健康維持のため自家用に造ってきた完熟南高梅梅酒です。
生産量も少なく、手間もかかり、高価な梅酒となりすぎるため、市販するのは難しいと考えられておりました。

吉村秀雄商店では、梅の産地・紀州の蔵元だからこそ造れるこの「香る梅酒」の旨さを再現するために、地の利と日本酒で培った「旨し酒」を造る技術を最大限に活用しました。

明治35年、晩稲に住む高田貞楠は、「内中梅」の実生苗(種子をまいてそのまま育成した苗木)を譲り受け、約30アールの梅畑を開墾しました。
苦労の末に実った梅の中にひときわ豊かに実り、大粒で美しい紅のかかる優良種が一本あることを発見しました。
貞楠はこれを母樹として大切に育て、「高田梅」の基礎をつくりました。

昭和6年、和歌山県の農業経営の未来を梅に託した小山貞一は、高田貞楠が育てた門外不出の「高田梅」の原木から60本の穂木(接木用に母樹から切り取った枝)を譲り受けます。

昭和25年、和歌山県の梅の優良品種を統一して市場の安定を図るため、紀州・南部(みなべ)に適した梅を見つけようと「梅優良母樹調査選定委員会」が設立され、貞一も委員に就任しました。
そして、昭和29年には委員会の厳粛な審査により、「高田梅」などの系統が選抜されました。
さらに南部高校園芸科の生徒達も多年にわたる地道な調査研究に協力しました。
「梅優良母樹調査選定委員会」の委員長を務めていた竹中勝太郎は、「南部高校」と「高田」からそれぞれ名をとり、最優良品種に選ばれた『高田梅』を「南高梅」と命名しました。

以後、『紀州南高梅』は、日本を代表する梅の優良品種のブランドとして世界的にも評価されるようになりました。
紀州完熟南高梅  こいうめ酒
この「こいうめ酒」は、吉村秀雄商店が特別に調達した和歌山県産の完熟南高梅を100%使用したぜいたくな、文字通り『濃い梅酒』です。
『濃い』理由は、梅を上げた後に梅の果肉だけをペースト状にし、たっぷりと梅酒に混ぜこんだからで、一口含むと『確かに濃い!』と感じて頂けると思います
繊維質が豊富な『食べる梅酒』としてもご好評を頂いております。

エキス分たっぷりの極上梅酒をぜひご堪能下さい。
※飲用時には、必ずよく振ってからグラスに注いで下さい。
☆原材料:完熟南高梅、醸造アルコール、日本酒、糖類
☆アルコール度:13度
☆美味しい飲み方:ストレート、ロック、ソーダ割り
1800ml ¥2,858 (税別)


日本酒「車坂」の紹介ページはコチラ ⇒ http://kandaya.biz/kurumazaka.htm


 ▼お支払い方法  ▼発送専用箱について 
■代金引換
商品は在庫があればすぐに発送致します。
お買い上げ金額(送料・箱代別)に応じて代引手数料の全額、或いは一部をご負担頂きます。

※代引手数料はコチラをご参照下さい。

■銀行振込
商品はご入金確認後、発送致します。
お買い上げ金額に関係なく、振込手数料はお客様負担となります。

■郵便(ゆうちょ銀行)振込
商品はご入金確認後、発送致します。

代金10,000円(税別)以上で振込手数料は弊社負担。
(手数料の上限:130円)

※ATMからの口座間送金の場合は振込手数料無料。
破損防止、及び円滑な発送の実現の為、サイズに関係なくご発注本数が1本〜3本の場合はそれぞれ宅配専用箱に収めての発送となります。
なお、その場合の箱代はお客様にご負担頂きますので何卒ご諒承下さいますようお願い申し上げます。


1本 2本 3本
1.8L 150円 250円 350円
720ml 300円

※4本〜6本のご注文の際にはリサイクル箱を使用しますので箱代は不要です。
※1梱包の上限は、1.8L=6本、720ml=12本です。
 ▼送料 ⇒ 詳細はコチラ  ▼店舗の案内
誠に申し訳ありませんが、送料は原則としてお客様にてご負担願います。

※送料無料となるご発注内容はコチラをご覧下さい。
■酒の神田屋

  〒573-0091
  大阪府枚方市菊丘町5−1
  (⇒ 地図はコチラ
  TEL/FAX:072−865−4158
  http://kandaya.biz
  mail:info@kandaya.biz

  定休日:毎週木曜日
  営業時間:10:00〜20:00