TEL/FAX:072-865-4158
【酒の神田屋】取扱の地酒
地酒 ※それぞれのラベルをクリックして下さい(⇒ 別ウィンドウでページが開きます)
【東日本の地酒】
【雪の茅舎】 秋田県由利本荘市
明治35年(1902年)に初代・齋藤彌太郎により創業。
高橋藤一杜氏をはじめとする腕利きの蔵人達が伝統の技と新しい酒造りの研究が、「酵母の自家培養」や「山廃の復活」を可能にするとともに、数々の受賞歴につながっています。
【南部美人】 岩手県二戸市
明治35年創業の比較的歴史の浅い酒蔵ながら、松森淳次杜氏と五代目蔵元の久慈浩介氏(両者とも岩手県が認定する「青年卓越技能者表彰」の受賞者)との二人三脚で、南部杜氏発祥の地にふさわしい酒造りを継承しています。
【楯野川(たてのかわ)】 山形県酒田市
『子宝』リキュールでおなじみの山形県の地酒「楯の川酒造」の商品です。
日本一若い蔵元=佐藤淳平社長の陣頭指揮の元、キメが細かく味わい豊かな日本酒を造り出しています。
【出羽桜】 山形県天童市
吟醸酒ブームの立役者ともいうべき山形県の地酒「出羽桜」。
弊店は季節限定の「桜花吟醸」山田錦バージョンや、「雄町<純米吟醸>」を販売しております。
【若駒】 栃木県小山市
栃木県の新星は江戸末期創業の若駒酒造。
杜氏を務める六代目・柏瀬(かしわせ)幸裕クンが、「風の森」で知られる奈良県・油長酒造でみっちりと修行した三年間の成果を自らの造りに生かしています。
【十六代 九郎右衛門】 長野県木曽郡
創業1650年という我が国有数の老舗蔵。
数年前より全国展開を始めた「十六代 九郎右衛門」ブランドのお酒は、近年では東京を中心にかなり認知度が高まり、そのグレードの高い酒造りが多くの方から高い評価を受けています。
【天狗舞】 石川県白山市
昭和52年の全国新酒鑑評会で初めて金賞を受賞、のちに『能登杜氏四天王の一人』と称されることになる中三郎杜氏が就任5年目の年でした。
爾来、名杜氏はその才能を存分に発揮し、『石川県の天狗舞』は不動の人気を確立しました。
【田光(たびか)】 三重県菰野町
三重県の超小規模蔵・早川酒造(名)。
山形県の酒田酒造(「上喜元」の蔵元)で修行を積んだ専務が、珍しい高温糖化酒母による温もりのある味わいのお酒を醸しています。
【近畿の地酒】
【神開(しんかい)】 滋賀県甲賀市
甲賀忍者の里として知られる滋賀県甲賀市に所在する小さな酒蔵・藤本酒造。
江戸時代中期の明和年間に創業したこの老舗蔵、現在の製造石数は250石ほどですが、腕利きの南部杜氏・池田千寿(ちとし)氏がすばらしい酒造りを行なっております。
【坤滴(こんてき)】 京都市伏見区
「坤滴(こんてき)」は、京都市伏見区にある小さな地酒蔵・東山酒造が、鳥取県の田中農場の特別栽培米「山田錦」を使用して造った純米酒です。
【菩提もと】 奈良県 正暦寺
500年前の奈良県・正暦寺の僧坊酒を復活させた「奈良県菩提もとによる清酒製造研究会」に参加している県内の酒蔵メーカー製造による「菩提もと酒」、弊店は「風の森」でおなじみの油長酒造の「鷹長」を販売しております。
【風の森】 奈良県御所市
画期的な「笊籬採り」で一躍名を馳せた、奈良県御所市の油長酒造の「風の森」シリーズ。
伝統の技術を継承しながも、消費者の嗜好の変化に柔軟に対応しようと研鑽を続ける酒蔵です。
【風の森<笊籬採り>】 奈良県御所市
ひとクラス上の「風の森」として知られる「笊籬採り」シリーズ。
画期的な上槽方法による雫酒を越える酒質のお酒、それが「笊籬採り」です。
【百楽門】 奈良県御所市
「備前雄町」を原料にした酒造りに定評のある銘醸蔵。
真精精米された原料米を手造りで丁寧に仕込み、昔も今もブレることなく佳いお酒を造り続けています。
【篠峯|櫛羅】 奈良県御所市
油長酒造(風の森)、葛城酒造(百楽門)と同じ奈良県御所(ごせ)市に所在する小規模蔵です。
『食とともにあるお酒』を目指し、時間と手間をかけて、風土を醸した酒造りを心掛けています。
【片野桜】 大阪府交野市
弊店の地元・枚方市に隣接する大阪府交野市の地酒蔵。
平成10年に南部杜氏の浅沼政司氏を迎えてからは一気に酒質が向上し、鑑評会でもしばしば金賞を受賞しています。
【さか松】 大阪府阪南市
関西国際空港を対岸に臨む、大阪府阪南市の地酒蔵「浪花酒造」。
かつては南部杜氏の重鎮・佐藤勝郎杜氏を招き入れ、現在はその直弟子の成子嘉一氏が杜氏として腕を奮っております。
【紀土−KID−】 和歌山県海南市
「鶴梅 ゆず」や「鶴梅 完熟にごり梅酒」でおなじみの平和酒造が、2008年9月にあらたに立ち上げた日本酒ブランド。
口当たりがきれいで柔らかく、料理と一緒に楽しめる、飲み飽きしないお酒です。
【車坂】 和歌山県岩出市
「上り坂を歩むような力強さに、下り坂を駆け下りるような爽快感が楽しめるお酒」をコンセプトに、軽快ながらも骨格のしっかりした、かつ飲み飽きしないお酒を目指しています。
【小鼓(こつづみ)】 兵庫県丹波市
兵庫県北部の美しい山と川に囲まれた自然豊かな環境から生み出される産物を、多様化するお客様のニーズに応えるカタチとして創造し、提供していくこと、そして いつの時代でもお客様に癒しとやすらぎを感じて頂くことを理念として掲げる酒類メーカーです。
【剣菱(けんびし)】 兵庫県神戸市
「山田錦」をも凌駕する素晴らしいお米として、近年は若手の蔵元がこぞって使用するようになった酒米「愛山」の“育ての親”が何を隠そう、この剣菱酒造です。
その「愛山」を使用した「極上」と「瑞穂」、そして「山田錦」100%で仕込んだ「瑞祥」と、いずれも山廃仕込の濃醇でキレの良い、昔ながらの日本酒です。
【都美人(みやこびじん)】 兵庫県南あわじ市
「都美人」は兵庫県淡路島にある地酒蔵です。
能登杜氏四天王の一人にして『現代の名工』農口尚彦氏(「常きげん」)の愛弟子でもある山内邦弘杜氏が、農口杜氏直伝の山廃仕込ですばらしい純米酒を醸しています。
【西日本の地酒】
【大典白菊】 岡山県高梁市
「備前雄町」や「朝日」などの地元産の酒米を中心に、自社で復活させた独自の酒米や無農薬の酒米など、原料米には特にこだわりをみせる岡山県の銘醸蔵。
【獺祭(だっさい)】 山口県岩国市
製造するお酒のすべてが精米歩合23〜50%の山田錦を原料にした純米大吟醸という、他の追随を許さない超ハイレベルな地酒メーカー。
遠心分離システムの導入や積極的な海外進出など、新時代の旗手的存在です。
【亀泉(かめいずみ)】 高知県土佐市
日本酒王国・高知県を代表する地酒蔵。
キリッと冴えた味わいの純米吟醸は、"清冽"という言葉がピッタリ当てはまる名作です。